現在の閲覧者数 1人
  

入学金・授業料の免除制度

 「貧乏だから遠くの大学へは行けない」なんて思ってはいませんか? 奨学金を借りるという方法もありますが、実は大学によっては入学金・授業料の免除制度があります。

 東京大学なら年収400万円未満の世帯、大阪大学なら年収500万円未満の世帯で、授業料や入学金が免除されます。 しかしこれらは申請しないと適用されません。大学は学生の家庭事情を知りません。 こういった制度があることを知らないだけで、国立大学なら年間106万円の損をします。

 私の場合は5人家族の家庭で、世帯年収300万円で、3年半間授業料全額免除となりました。 (最初の半年だけ世帯年収が600万円あったので半額免除でした。) まあ半年ごとに授業料免除の申請が必要なのですが。 たいていの人はこの制度があることを知らないので競争相手も少ないです。

 

成績が良くないと授業料全額免除にならない?

 そうとも限りません。私の通っていた大阪大学では、成績はほとんど考慮されませんでした。 私はあまり成績がよくありませんでした。一般教養ではそれこそSやAを取りまくっていたのですが、 肝心の専門科目はBやCが多かったです。それでも授業料は全額免除でした。

 要は授業料を払える家庭かどうかということですね。 大学によっては授業料を払ってもらわないと経営が厳しいところもあり、免除については厳しい大学もあります。 しかしもうかっている大学は免除の可能性があります。

 大阪大学は、大学病院のもうけが大きく企業献金もあり、実はもうかっている大学なのです。

 

半額免除になる場合もある

 大学の定める「世帯年収」の基準をクリアしていれば全額免除になる可能性が高いのですが、 基準より多く世帯年収があるからといって諦めるのはまだ早いです。

 上でも述べましたが、基準が500万円のところ、入学当時の私の家庭は世帯年収が600万円ありました。 「どうせダメだろうけど申請してみるか」とちょっと資料を集めて申請してみたところ、 授業料が半額免除になりました

 授業料免除制度があまり知られていなかったためにできたことかもしれません。 授業料免除についてしっかり調べている人は多くはないので、世帯年収がそこそこあっても半額免除くらいは受けられるかもしれません。

 

入学金が払えない

 入学金免除申請をしてみましょう。 申請をしている間は納入の必要がありません。 しかし入学金免除の申請は、受験前に準備する必要があります。

 というのも、合格発表から入学金納付までは時間が短く、その間に入学金免除の手続きをすることはできないからです。 大学にもよると思いますが予め大学に入学金免除を申し出ておかなければなりません。 その意味でも受験する大学は早く決めてしまうべきです。

 

免除制度については大学のホームページに載っている

 例えば名古屋大学の場合、名古屋大学ホームページの「キャンパスライフ」に「各種免除制度・奨学支援」という項目があります。 大学受験にあたってあまり大学のホームページは見ないと思いますが、 授業料免除制度や奨学金制度については各大学のホームページを参照しましょう。