現在の閲覧者数 2人
  

学費

 大学生にとって学費は切実な問題です。 国立大学でも授業料は年々値上がりし、2014年現在でも1年間53万5800円かかります。 入学金は28万2000円です。全て足すと、4年間で242万5200円にもなります。

 授業料は春と秋の2回に分けて支払うのですが、授業料を滞納すると退学処分ですし、 一度に26万円なんて金額を準備するのもなかなか苦労します。 昔の授業料は2万円や5万円だったのでバイト代から学費を出して、大部分のあまりで生活費も十分に賄えたそうですが、 今は学費も生活費も、となるとアルバイトでは無理です。

 

大学の学費

 各大学の文系学部の学費をまとめたものです。 私立大学は4年間で、国立大学の2倍の学費がかかることがわかります。

大学名入学金1年間の学費卒業までの学費
国立大学282,000円535,800円2,425,200円
慶應義塾大学200,000円1,073,350円4,493,400円
早稲田大学200,000円1,032,700円4,315,800円
上智大学270,000円967,250円4,018,250円
国際基督教大学300,000円1,359,000円5,736,000円
明治大学200,000円1,007,800円4,261,200円
青山学院大学200,000円1,073,000円4,468,000円
立教大学250,000円984,500円4,188,000円
中央大学240,000円914,800円3,899,200円
法政大学270,000円986,000円4,214,000円

 

医学部の学費

 各大学の医学部の学費をまとめたものです。 国立大学医学部の授業料は、文系学部と同じです。医学部は6年制ですが、卒業までで350万円で済みます。 私立大学医学部は国立大学の6倍以上の学費がかかります。

大学名入学金1年間の学費6年間の学費
国立大学医学部282,000円535,800円3,496,800円
慶應義塾大学医学部200,000円3,583,350円21,700,100円
順天堂大学医学部2,000,000円3,580,000円20,800,000円
日本医科大学医学部1,000,000円4,450,000円27,700,000円
藤田保健衛生大学医学部1,500,000円7,796,000円48,276,000円
東海大学医学部1,000,000円6,499,200円40,443,200円

 

お金がないからと大学進学を諦める必要はない

 そこで奨学金を借りたり、授業料免除の申請をしたりします。 学費が高くなった分、学費を払えない人を保護する制度も整ってきています。 ぜひ活用しましょう。学費については左のメニューからお進みください。

 

学費はアルバイトで払える?

 大学生のアルバイトで稼げるお金は月に6万円~8万円です。学費を払うだけなら十分アルバイトでまかなえるでしょう。 しかし大学生の出費は学費だけではありません。生活費や交際費、被服費など出費は様々です。 親から仕送りをもらえる場合はともかく、仕送りを期待できないならば、奨学金か授業料免除を受ける必要があります。

 例えばコンビニで1日5時間、週に3~4日アルバイトしたとしましょう。 時給800円で月6万円の収入です。年間72万円の収入ですね。

 国立大学の学費は年間53万5800円ですので、これを12で割ります。月に4万4650円ですね。 毎月アルバイト代から4万4650円を学費として積み立てるとします。アルバイト収入から学費の積み立て分を引くと、 月に1万5350円しか残りません。

 さて月に75時間働いた結果、1万5350円しか自由に使えるお金が残りません。 この残ったお金で何ができるでしょうか。3週間に2回飲み会に出席できる程度しか残りませんね。

 アルバイトや学問の士気にも関わりますし、まともな食事にもありつけません。 仮にパチンコ店や居酒屋など時給の高いアルバイトをしても、月収10万円を超えるような働き方は学生にはなかなか難しいです。 学問をする時間を削ることになってしまいますし、遊べなくては楽しくありません。

 そこで奨学金や授業料免除の制度を活用するのです。 これについても左のメニューからお進みください。