現在の閲覧者数 2人
  

学生寮の生活はどんな感じ?

 私は大阪大学の学生寮で4年間を過ごしました。 結論からいうと寮生活はとても楽しかったです。大学生活が充実していたのも学生寮のおかげでした。 友達作りには全く困りませんでした。

 大学の学生寮ですから、住んでいるのはすべて同年代で、同じ大学に通う学生です。 学生寮で同じ学部の友達が作れたら、単位が取りやすい授業を教え合うこともできますし、 講義を休んでもレジュメを貸し借りしたりもしやすいです。

 なんといっても同じ屋根の下で暮らしているので遊びにも行きやすく、 毎日毎晩遊び相手、話し相手がいるというのは、マンションやアパートでの一人暮らしに比べると全く寂しさがありません。

 

家賃が安い!

 大学の運営する学生寮は家賃が異常なまでに破格です。 通常ワンルームマンションやアパートを借りれば、どんなに安くても月に4~6万円は必要になります。

 学生寮ならその10%で済みます。つまり家賃90%OFFです。 それでいて今では2人3人で住むような「相部屋」制度はありませんし、 各部屋にもちゃんと鍵がついていますのでプライバシーもあります。 (まあ私の部屋は時間を問わず誰かが遊びに来ていたのでプライバシーなどありませんでしたが)

 アパートやマンションでの一人暮らしに比べて3~5万円浮くということになります。 浮いたお金は遊びにも使えますし、プチ贅沢だってできます。 一緒に遊びに行く友達もたくさんいるので楽しいことだらけですね。

 

大学が近い!

 学生寮は大学の敷地内だったり、大学の側にあるのが通常です。 教室まで徒歩5分ということだってありえます。 私は教室まで徒歩5分だったので、1限の授業を履修していても朝起きるのは8時半でした。

 大学が近所というのは大変便利なものです。 昼休みに学食が混んでいれば寮に帰って食事をとればいいのです

 3限がなくて4限がある日でも、大学で時間つぶしに苦労する必要もありません。 寮に帰ればいいのです。私は友達をつれて帰ってゲームをしていたことも多かったです。

 

イベントがある!

 学生寮では寮生同士でイベントを行います。 バーベキューだったり、飲み会だったり様々ですが、まず新歓で友達を作れます。 花見にいったり学祭で遊んだりして、サークルに入らなくても大学生活を一通り楽しめます。

 まあ彼氏や彼女を作ろうと思ったら寮だけではダメですが(笑)

 イベントを通じて先輩や後輩との人脈も作れて、いろんな人の多彩な人生を知ることができます。 これも同じ屋根の下で生活する学生寮だからこそという部分があります。 サークルで週に2~3回会うだけの関係ではなかなかそこまで人間関係は発展しません。

 

金銭感覚が合う

 金銭感覚が合うというのはけっこう大事なことです。 大学はわりとお金持ち家庭の出身が多いです。親に車を買ってもらったり、 アルバイトをしなくても十分な仕送りがもらえたり、デザイナーズマンションに住んでいる学生だっています。

 私の大学では神戸の貿易商の子ども、大学教授の子ども、医者の子どもが多かったように思います。 「親と電話してて、そんなつもりはなかったけどお金がないって言ったら20万円振り込まれた」なんて話もありました。 私では想像もつかない世界です。

 しかし学生寮に住む学生は、そういう家庭出身ではありません。 いわゆる苦学生で、アルバイトや奨学金で自分でなんとかしている人がほとんどです。

 お金の使い方も激しい時は激しいですが、貧乏なりの限界がありますので、 一緒に遊んでいて破産することはありません。 普通にアルバイトをしていれば海外旅行に2度いけるくらいにはお金もたまります。

 私が卒業前に台湾とイタリアへ旅行に行けたのも、金銭感覚が合う友達が多かったからかもしれません。 いかにお金をかけずに楽しむかについては寮生の右に出る者はいないでしょう。

 

風呂トイレ共同はそんなに悪くない

 風呂トイレ共同は嫌だ!と思う方も多いそうです。 しかしよく考えてみてください。風呂トイレが別だったらどんないいことがあるのでしょうか。 私は思いつきません。

 風呂トイレが共同だから、電気代やガス代、水道代も共有です。 学生寮には必ず、いない人がいます。 大学の研究室に籠りっぱなしだったり、彼氏や彼女の家に転がり込んで寮に帰ってこない人も多いです。

 でも寮にいないからといって光熱水料の支払いをしなくていいわけではありません。 つまり、光熱水料を、寮にいない人が負担してくれるのです。 おかげで光熱水料はずいぶん安くなります。

 私は今、大学を卒業してワンルームマンションに住んでいますが、 電気代は5600円、ガス代は1700円ほどかかっています。

 学生寮なら電気代1000~2000円、ガス代は500円です。 驚くほど安いですね。寮生活はずいぶん出費を節約できます。

 これも風呂トイレが共同であるおかげなんです。

 

学生寮に変なしきたりや風習はない!

 1年生の義務、2年生の義務のようなめんどくさい習慣はないのです。 新入生歓迎会であいさつをするので、わざわざ入寮日に他の人に渡すものを準備したりしなくていいのです。 風呂で先輩の背中を流さなければならないなんてこともないです。

 あるとすれば掃除当番ですね。共有の廊下、トイレ、キッチン、風呂の掃除当番が回ってきます。 学生寮によってどのように回ってくるかは違いますが、 私の住んでいた学生寮では廊下、トイレ、キッチンを3人一組で掃除をしていました。 風呂掃除は12人一組でした。

 また洗濯機は時間帯によっては混み合いますが、別に先輩に譲らなければならないなんてこともありません。 早い者勝ちです。会社じゃないので不合理で理不尽なことはありません。