現在の閲覧者数 3人
  

大学生活の目標

 大学生活は、目標をもってするべきだとよく言われます。 しかし目標とは言ってもなかなか考えにくいことです。 どんな目標をもって大学生活を送ればいいのでしょうか。ここでは目標の例を書いていきます。

 

例:友達を100人作る

 100人は言い過ぎでしょうか。いいえ、それくらいを目標にしないと半分の50人も満たさないでしょう。 目標は高めに設定しましょう。 大学進学の意味は、学問と人脈です。 大学を卒業して社会に出ても友達でいられるような友達を作りましょう。

 友達を100人作るには、サークル、部活、ゼミなどに参加するだけでなく、学部や学生寮で知らない人に話しかけることが必要です。 話しかけるには話題が必要です。どんな話題が良いでしょうか。 入学してすぐなら、「これってどんな講義なんだろうね」のように不安を共有するのがいいでしょう。

 このように目標を立てて、具体的にどう行動していくか考えることを求められているのです。 このやり方は大学生活だけでなく、卒業後も役立ちます。

 

例:200単位取る!

 卒業要件単位数は130~140くらいでしょうから、200は大幅に卒業要件単位数を超える事になります。 普通の人は卒業要件単位数を満たすと、大学へ行かなくなります。 それ以上取らなくても卒業できるからです。

 しかし、それでもあえて大学に通い、講義を受け、余分に単位を取りまくるというのは自慢になります。 要は、他人と違うことをすることを目標にすると個性が出るということです。

 200単位はなかなか大変です。私は卒業要件単位数ちょうどで大学生活を終えましたが、 私のペースで大学4年生の終わりまで講義を受け続けても180単位にしかなりません。

 私以上のペースで単位を取り続けて200単位をそろえたとしたら、かなりの努力家である証になります。

 

例:彼女を作る!

 これほど簡単なようで難しい目標は他にないでしょう。 他人に自慢するためだけが、大学生活の目標ではありません。 自分の心の中の目標でもいいのです。

 彼女を作るには、まず出会いが必要です。 どうやって出会いましょうか。講義でたまたま隣に座った女の子に話しかけるのも一つの手ですが、 あまりにも遠回りすぎます。ここから進展させるのは非常に難しいです。

 ではゼミという手段はどうか?しかしゼミは入学してある程度たってから始まるものです。 ゼミが始まるころにはもう友達関係は固まっていて、すでに好みの女の子にも彼氏ができているかもしれません。 もっと早くに捕まえないといけませんね。

 ではサークルという手段はどうか?大学一年生の春から出会えますね。 しかし競争相手も多いです。サークルの男すべてが敵になります。 そしてもし仮に彼女を作れたとしても、別れた時にサークルでの居場所の心配も必要になります。

 このように、様々な手段、リスクも考えて目標を立てられると素晴らしいですね。

 

例:資格を取る!

 司法書士、公認会計士、税理士、弁理士など、大学の勉強とかかわる資格はたくさんあります。 難易度の高い資格の取得を目標に大学生活を送るのはどうでしょうか?

 大学の勉強に加えて資格試験の勉強もすることになります。 幸い大学には図書館という勉強スペースがありますので、勉強する環境は整っています。 あとは図書館と、たくさんある時間をどう使うかです。

 予め目標として立てておくと、勉強の計画も立てられます。 「○○年以内に資格を取る!」と具体的な期限も決めておくとなお良いですね。

 

大学生活の目標まとめ

 大学生活の目標を立てるのに必要なことは、目標は高めに設定し、 他の人がしないようなことを目標にし、具体的な手段、リスクも考え具体的な期限、数値での目標を立てることです。

 目標はなんでもいいのです。興味のないことは目標にすべきではありませんし、 努力も続きません。自分に本当に必要なものを目標にするのです。