現在の閲覧者数 2人
  

【大学生活】休日の過ごし方

 大学生の休日はどんな過ごし方をすればいいのか書いていきます。 大学生活は高校や中学と比べて休日が多いです。 たくさんある時間を有効に活用しましょう。

 大学生の休日は土曜日、日曜日、祝日に限らず、講義をとっていない日も休日になりますし、 午前中しか講義をとっていない日は半休です。 また夏休み、春休みも2か月ずつあります。まとまった時間が多いのは大学生のメリットですね。

 

土曜日の過ごし方

 土曜日は翌日が日曜日で休みなのが良いですね。 夜更かしも飲み会も可能です。一晩中ビリヤードに興じたり、 漫画喫茶に籠って漫画を読み続けるのも一つの楽しみです。 買い物に出かけるのもいいですね。

 ニコニコ生放送を延々と見続けたりyoutubeで動画を見続けたり、 wikipediaで気になった項目をたどり続けたり、 だらだら過ごすのも今しかできないことです。

 しかし、土曜日は友達と遊ぶことをおすすめします。 友達と遊んでも、夜は自分の時間にできます。 また日曜日ゆっくり休んで疲れをとることもできます。

 疲れることは土曜日に、体力を使うことは土曜日にしましょう。

 

日曜日の過ごし方

 日曜日は、月曜日に備えてゆっくり休むことをおすすめします。 外で遊ぶにしても早めに帰り、湯船につかってリフレッシュしましょう。 テレビゲームやインターネットもほどほどにして、早めに寝ます。

 とはいえ大学生は土曜日でも日曜日でも変わらず遊ぶものです。 ボウリングやダーツにも行きましたし、日曜日でもお酒を飲みにいったものです。

 その他に考えられる過ごし方は、大学の図書館に行って専門外のことを勉強することや、 ひたすら小説を読んだり、コーヒーについて研究するなどあります。

 日曜日は疲れないことを中心に楽しみましょう

 

とにかく外に出る

 土日のどちらかは外に出ましょう。 家に籠りっぱなしではストレスも発散されません。

 ストレスの発散には運動が一番なのですが、ランニングやウォーキングを続けるにも根気がいりますし、 運動することがストレスになってしまっては逆効果です。 そこで、何も買わなくてもいいので都会へ出て散歩をするのです。

 街を歩けば何が流行っていて、何が不便で、皆が何を求めているのかがわかります。 社会を知れる上に運動にもなり、一石二鳥です。 外を出歩くのもなかなか楽しいものです。

 私はよく梅田や難波へ行って、商店街を歩き回っていました。 あいりん地区や新世界、堂山エリアなどディープな場所を探検したこともあります。 疲れたらドトールコーヒーで一服し、お散歩を再開するのです。

 これで10kgのダイエットにも成功しましたし、会話のネタにもなります。 太陽光を浴びて元気な気分になって、運動して脂肪を燃焼し、 疲労がたまったら帰宅しておいしいご飯を食べて、お風呂につかるのです。 疲れた日の布団は本当にすばらしいものです。

 そういう意味では、人生とは食べるため、飲むため、寝るために趣味をしているのかもしれません。

 

アニメ鑑賞

 大学生活の楽しみの一つがアニメです。 アニメは世界に発信されている日本の文化で、想像以上に人気があります。 国内でも大学生で深夜アニメを視聴している人は多いです。

 コミックマーケット、通称コミケに参加できるのも大学生のうちだけなんてこともザラです。 どっぷりオタク生活に浸かるのもいいでしょう。 私も今ではアニメをすっかり観なくなってしまいましたが、大学生活では毎日毎晩観ていました。

 また海外アニメもなかなかいいものです。 英語で観るアニメはたいてい子供向けに作られています。 ただのリスニングより、どのような状況でその英語が使われるのかがわかるため、 英語の勉強としてもいいですね。

 私はよくタイニートゥーンやアニマニアックス、ヘイ!アーノルド、ラグラッツを観ていました。 スカパーやケーブルテレビを契約して海外アニメというのも珍しくて面白いですね。

 さまざまな趣味のうちの一つとして、アニメはおすすめです。

 

映画鑑賞

 映画鑑賞は時間のたくさんある大学生ならではの過ごし方です。 まとまった時間のある休日に映画を観に行きましょう。

 映画鑑賞は趣味と言い張れる点でも優秀ですね。 アニメ鑑賞はあまり趣味と公言できない人も多いのに、映画はいいのです。不思議ですね。

 邦画もいいですが、洋画もいいです。 洋画はシリアスな内容でもジョークが入っていたり、 洋画ならではの楽しみがたくさんあります。

 音声は英語で、字幕は日本語で洋画を観れば、英語のリスニングの勉強にもなりますし、 海外での日常生活に触れることができたり、 海外の流行を知れたりと、知見が広がっていいことずくめです。

 あえてみんなが観ないようなマイナー洋画を観ることで、 映画マニアとしてのキャラも確立できます。 正直「映画鑑賞が趣味です」と言われても「テレビとかでやってるやつだろどうせ」と思ってしまいますが、 マイナー映画のことを語り始めたら面白いですね。

 

部屋の掃除

 大学生活は堕落しがちです。一人暮らしだと特に、 親から「掃除をしなさい!」とガミガミ言われることもないので、 毎日掃除をしません。

 休日を利用して掃除をしてみませんか? 部屋が広くなって居住性も向上しますし、なにより部屋がきれいだと快適さが違います。

 また空気の入れ替えもしましょう。部屋にたまった空気は汚く、 感染症の原因になります。インフルエンザウイルスもジメジメした汚い空気を好みます。 換気をしていなければ空気はすぐに汚れますので、健康によくありません。

 部屋の掃除ならお金も使いませんし、ゼロ円で快適な生活が得られるならいいものですね。 不要物を捨ててホコリを吸い取り、カーテンを洗濯したりテレビやパソコンを拭いたり、 台所をキレイに片付けたりしてキレイなお部屋にしましょう。

 

小旅行

 小旅行も大学生活の休日の過ごし方としておすすめです。 あくまでも小旅行です。何も北海道へ行く必要も、沖縄へいく必要もありません。 ただ行ったことのない場所をお散歩するだけで小旅行なのです

 私は大学3年生になったころ、唐突にお散歩ダイエットを思いついて実行していました。 飲み会が多すぎて体重が気になり始めたというのもなかったわけではありませんが、 特に大した理由はありません。単に外に出たかったのです。

 お散歩したエリアは主に大学から6キロ程度の範囲内でした。 しかし、歩いたことのない道はたくさんあるわけです。 何か必要にかられて行くのでなければそれは旅行です。

 大学の近くだけでなく、ちょっと離れた都会や田舎など、歩いて楽しいところはたくさんあるのです。 自由を謳歌し、自然を堪能し、都会を満喫し、そして運動にもなるのです。 楽しいことばかりですね。何も電車賃を何千円もかけてまでどこかへ行く必要はないのです。