現在の閲覧者数 4人
  

大学生活を充実させるために

 充実した大学生活を送るには何をすればいいのでしょうか。 充実した大学生活とは、毎日が楽しく、大学生活を終えて思い出になり、 振り返って「楽しかったなあ」と思えることです。

 また「大学生活でこれを学んだ!」と言えるような発見をしなければなりません。 無為に過ごすのではなく、自分から行動を起こして大学生活を送ることが重要です。

 

目標を持つ

 大学生活を充実させるには、目標を持つことが重要です。 講義を受ける、先輩の指示に従うなどといった受け身な生活ではとても充実しているとは言えません。 先にも書いたように、目標に向かって自ら行動を起こすことが大学生活充実の要です。

 どんな目標がいいかは、大学生活の目標を参照してください。

 

友達作りをがんばる

 友達作りは充実した大学生活の要です。友達ができない限りは充実とは程遠くなってしまいます。 入学直後の1か月だけがんばってみましょう。残りの4年間を楽しく過ごすためには、友達を作ることが最重要です。

 その後も一般教養のゼミや、サークル、グループワークを通じて友達を作っていきます。 同じ大学の人が多いアルバイトも良いでしょう。

 大学のイベント事に参加して友達を増やし、夜に飲み会を開いて仲を深めます。 自然と「旅行にいこう!」「遊びにいこう!」となっていくものです。 スケジュール帳を書けば毎日の予定が埋まるくらいの生活ができたらいいですね。

 

単位をしっかりとる

 講義に毎回出席して、勉強して、良い点をとる。そして優や良の単位を量産するのです。 大学の成績は一生残るものです。「私はこれだけ勉強した」という証拠となって生き続けるのです。 途中で大学院に行きたくなっても、良い成績があればその選択もできます。

 やはり学問をしてナンボの世界ですから、単位を落とした、望まないのに留年したという事態になっては、 充実した大学生活とは言えません。友達作りと並行して単位の取得はがんばらなければなりません。 卒業に対して余裕ができてこその楽しい大学生活です。

 

日記をつける

 充実した毎日を記録しましょう。 書くことがない状態を作らないように、日々何か行動を起こすのです。 日記帳に書くほかに、ブログを書く、スケジュール帳に今日やったことを書くことがおすすめです。

 日記に書くことがないような生活をすべきではありません。 私は大学に入学してからブログやmixiの日記を書くことで日々あったこと、楽しかったこと、 アルバイトのことなどを記録していました。

 ブログを書いていた時期は大変、大学生活が充実していて、毎日が楽しかったです。 就活のころになると辛いことが増えて書くのをやめてしまったのですが、 なんとか楽しいことを思い出して書くべきだったと思っています。

 

友達と連絡を取る

 友達作りがうまくいっても、講義が被らなければ大学で会うこともありません。 会わないうちに関係が薄れてしまった友達もいます。 せっかく作った友達なので大切にしましょう。

 まずは友達の時間割を把握することです。 年度末、学期末や長期休暇の終わりに鍋パーティやピザパーティ、飲み会を開いて、 どの講義を取ったか話し合います。

 だいたいの時間割を把握して、「どの曜日だったら一緒に昼食をとれるか」を考えます。 毎週会って一緒に昼食をとる必要はありません。 昼食だけでなく、4限終わりに外に食べに行くでもいいのです。

 また率先してメールを送って飲み会を開きましょう。 酒を理由にすれば人は集まります。酒はコミュニケーションツールとして優秀ですね。

 

アルバイトをする

 充実した大学生活のためにお金を稼ぐことも必要です。 お金がなくては遊びも満足にできません。 大学生活にはお金がかかるものです。

 一回の飲み会に3000円~4000円、ボウリングで1500円、カラオケで1500円くらいかかります。 友達が増えれば増えるほど遊びに行くことも多くなり、充実した大学生活になっていくのですが、 かかる費用も増えます

 空いた時間をうまくつかってアルバイトをしましょう。 バイト先でも新しい友達ができたり、学ぶことがあったりします。 私は大学四年生のとき、アルバイトで作った友達と旅行へ行くほど仲良くなりました。