現在の閲覧者数 2人
  

最大限大学生活を楽しもう!

 辛い受験を終えて、楽しい大学生活を迎えるみなさん、おめでとうございます。

 大学生活は人生の絶頂期といえるほど楽しい時間にすることができます。 小学校、中学校、高校も楽しかったですが、それらをはるかに凌いで楽しかったのが大学生活です。

 しかし、楽しい大学生活を送るには知っておかなければならないことがたくさんあります。

 

大学は自由!

 大学生活は自由です。 楽しさの秘訣は、その自由さにあります。受ける授業は自分で決定できるので、休もうと思えば休みも取れますし、 平日に休日をつくることも可能です。校則がないのでアルバイトも自由です。

 自由ということは、なんでも自分で決めなければなりません。 どの授業を取ればいいのか、どうすれば卒業要件を満たせるかは自分で考えなくてはなりません。 教室の場所すら自分で調べなければなりません。

 一人暮らしをする場合は光熱水料の支払い、家賃の支払い、食料の調達、掃除、洗濯まで自分でしなければなりません。 することはたくさんあります。

 しかしそれらをクリアすれば後は何の縛りもない自由な生活があるのです。 抑えるところはしっかり抑えましょう。

 

大学生はなんでもできる!

 大学生は、高校生や社会人と違って平日を休日にすることができます。 これはあまりにも大きなメリットです。旅行に行くにも、自動車の免許を取るにも、 遊びに出かけるにも、平日だから混雑していないのです。

 また副業禁止規定もないのでビジネスを始めることも自由です。 大学生で起業する人はたくさんいます。

 サークル活動はアニメによくある「何もしないサークル」も現実のものです。 飲み会の他には週に1回しか活動しないサークルもあります。 大学生活での遊び方は様々です。

 

大学生はとにかく時間がある!

 私が社会人になった今わかることなのですが、時間ほど貴重なものはありません。 お金は稼げばいいですし、物は買えばいいのです。しかし時間は限られています。

 持て余すほどたくさんある時間をどう使うかは、あなた次第です。 勉強をして資格を取るのもいいですし、私のように遊び倒して大学生活に一片の悔いなし!と言ってもいいのです。

 私の中学校の先生で、一つだけ印象に残っている言葉があります。それは「その日の日記が書けないような生活をするな」です。 本当にいい言葉だと思います。本当に日記を書く必要はありません。無為に過ごすのではなく、今日は○○をした!と日記に書けるような生活を送るのです。 自分から何か行動を起こすというのは本当に大事なことです。

 大学生活を終えて、本を一冊書けるほどの思い出を作れるように日々頑張りましょう。